進化続ける医療を信頼する

これからの先進医療において、検診システムが重要な存在になってくることは間違いがないでしょう。
今まで「不治の病」といわれてきた「がん」ですが、最先端の医療技術では「早期発見、早期治療」によって「根治する病」になってきました。病気を治す大きなポイントは、いかに早い時期に見つけることが出来るか、またその病気に対応することが出来るかにかかってきます。がんがレントゲンなどで発見される時はすでに発症してから数年経過してからなのです。がんの初期は小さすぎて一般的な検査では発見できることがないので、どうしてもこのように大きくなってしまってからでないと発見、治療にならないのが「不治の病」といわれる理由です。

ですがこれが健康診断などで発見出来たらどうでしょうか。
まだほんの小さな細胞の内に発見することで、切除といった外科手術をせずに薬や放射線治療などで根治が可能になります。働いている人にとって、手術したり入院を繰り返しながらの治療は生活にも負担が大きくなってしまい、精神的にも負担が増えてしまうのであまりい状況とはいえません。近年ではCTによって小さながん細胞を発見したり出来る医療機械や、また切らずに通院しながらの治療が出来る医療機関も増えてきました。医療機器に関しては今までは考えられなかったような技術が使用されています。

働くこと、生活すること、お金を稼ぐこと、すべては健康あっての賜物です。健康診断さえ受けていれば、指摘を受けたときに再検査して置けばよかったという後悔をしないよう。年に一度の健康診断を受けましょう。

コメントを残す